栄光ゼミナールの公式求人サイト 栄光キャンパスネット 講師・教室事務募集中

先輩講師インタビュー

生徒の記憶に残る授業を

さん

[栄光ゼミナール アシスト学院勤務]

なぜ栄光で働こうと思ったのですか

塾講師を選んだのは、私自身が高校・大学受験の経験を通して学んだことを後輩たちに伝えることができればいいなと思ったのがきっかけです。
栄光は、個別指導やグループ指導など、生徒に合わせたさまざまな塾を展開しているので、自分に合ったスタイルで働けると思いました。

お仕事の内容を教えてください

栄光ゼミナール アシスト学院の2教室で、中1の社会と中2・中3の国語、合わせて3クラスを担当しています。県立高校進学をめざす生徒のためのクラスです。
始業20分前には教室に入室し、テストやプリントの準備を行ないます。通塾時の安全指導や生徒からの質問対応を経て授業に入り、授業後はまた生徒からの質問にこたえる…というのが、1日の仕事の流れです。授業に備えて、家でも予習をするよう心がけています。

指導する際に心がけていることはありますか?

1クラス約15名の生徒がいますが、全員の顔と名前を覚え、毎回1人ひとりに声をかけるようにしています。生徒が自分から発言する力や自信を持ってもらうために、一方的に説明して終わる授業ではなく、全員が授業に参加していると感じてもらえるよう、なるべく生徒全員に発言する機会をつくります。
あとは、授業前後にも生徒たちと積極的にコミュニケーションをとっていますね。授業前に生徒たちと話してから授業に入るのと、そうでないのとでは、授業中の生徒の反応が全然違うんです!
授業を行なう中で、生徒とコミュニケーションとらないと、いつまでも心の距離が縮まらず、授業自体も良い内容にならないということを学びました。生徒に教えているようで、実は自分自身にとっても勉強になっているという点が、この仕事のおもしろさかなと思います。 また、授業中は生徒の状況や理解度を感じながら指導できるように、なるべく生徒1人ひとりの席を回って、つまずいていないか確認したり、間違えた部分の理由を聞いたり、今日の調子はどうかな…など、確認するようにしています。

お仕事のやりがいや面白さはどんなところですか?

最初は、生徒から質問も相談もされなかったのですが、今では授業の質問だけではなく、学校の授業のことや今日あったこと、学校行事のことなど、いろいろ話してくれるようになりました。生徒が心を開いて話してくれたり、頼られていることはとてもうれしいです。
授業に関しては、「自分なりのやり方」が求められます。マニュアルが無いので難しく感じることもありますが、自分なりにテーマや目標をつくって授業を進めていくことが大切だと学びましたし、やりがいにもつながっています。

今後の目標は?

自分のベストを尽くし、今まで以上にわかりやすい授業、より生徒の記憶に残る授業を行なえるようになりたいです!また、生徒の立場にたったときに、どのような言葉や表現を使えばより理解しやすいのかを常に考え、生徒に寄り添える先生になりたいです。

最後にメッセージをお願いします

私自身、人に教えることはゼロからのスタートでした。初めは緊張したり、不安に思うこともありましたが、周りの先生方にフォローいただき、今では楽しく働いています。
栄光ゼミナール アシスト学院は、教師と生徒の距離が近く、アットホームな雰囲気が特長です。優しくて、熱心な先生方がたくさんいます。初めての方でも安心して働ける環境なので、塾講師に興味がある方はぜひチャレンジしてみてください!