栄光ゼミナールの公式求人サイト 栄光キャンパスネット 講師・教室事務募集中

先輩講師インタビュー

H.Nさん

担当:英語・国語・社会/個別指導

歴史が大好きで、世界中の遺跡巡りを夢見る大学1年生。世界遺産検定にも挑戦中。個別指導で英語と国語、社会を担当。5才からピアノを始め、中・高では吹奏楽部でサックス奏者として活躍。将来の夢は、歴史好きを活かせる旅行関連の会社で働くこと。

講師になろうと思ったきっかけは何ですか?

昔から人見知りをする方で、人とコミュニケーションをとるのが苦手でした。初対面の方と話すときは。「どうやって話題を作ればいいんだろう…」と、よく戸惑ってしまうのです。大学生になったのを機に、人見知りを克服し、コミュニケーション能力を高めようと思い塾講師に応募しました。

講師をやってよかった!と感じるエピソードを教えてください。

担当した生徒から「一番嫌いだった社会が先生のおかげで好きになった」と言ってもらえたことですね。私自身も同じように、高校の時に、ナビオで歴史を教えてくれた先生との出会いから歴史が好きになりました。その先生は、第二次世界大戦などが起きた要因を単なる世界経済の視点から説明するだけではなく、文化や宗教、地理など多角的な視点で、関連するストーリーを教えてくれました。私はその恩師と比べるとまだまだなのですが、自分の生徒たちに少しでも歴史の魅力を伝えたいです。そうすれば「この仕事をやってよかった!」と胸を張って言えそうです。人は人との出会いで人生が大きく変わると思います。

働き始めて自分が成長したと思うのはどんなところですか?

人見知りが少し克服できました。個別指導に通う生徒はとても静かでおとなしい子が多いと感じます。最初はそのおとなしさに戸惑ってしまったこともありましたが、「先生の私が会話を作ってあげないと!」という気持ちを常に持ち授業を行っています。担当している中2の男子生徒は、初めは大人しくて、なかなか話のキッカケがつかめませんでした。ある日、私と同じ吹奏楽部に入っていることがわかり、一気に「吹奏楽部ネタ」で仲良くなりした。このように共通の話題を探して、コミュニケーションを取れるようになったのは、私にとって大きな成長だと思います。

働き始めた後と応募前で、講師の仕事のイメージに違いはありましたか?

兄が同じ職場で個別指導の講師をやっているので、どのような仕事かは話を聞いていました。ですから違和感なく働くことができました。ただ想像していたよりもいろいろなタイプの生徒が来るので、最初はうまく対応することができませんでした。しかし1ヵ月もしないうちに、友だち感覚で話せる活発な生徒には、こちらもテンションを上げて話したり、人見知りでなかなか心を開いてくれない生徒には、なるべく優しく話しかけりと、個々に対応できるようになったと感じます。

講師の仕事の魅力は何ですか?

私が好きな歴史の魅力を生徒に伝え、さらにその生徒も歴史が好きになってくれる時、とても嬉しく感じます。先ほどお話しした「社会が好きになってくれた」生徒は、受験を控えた中3の女子なのですが、主要3科目は全く問題ありませんでした。しかし理社に苦手意識を持っていたんです。担当してすぐに仲良くなり、友だちと話すような楽しい会話の中で、「この年には他に何が起きたかわかる?ヒントはイギリスね」などとクイズ形式で問題を出したり、その生徒にあったプリントや年表を作ったりするうちに、歴史に興味を持ってくれたようです。それだけでも嬉しいのに、その生徒はテストで良い結果が出た時に、真っ先に笑顔で報告をしてくれるんです。たぶん、来春、彼女より喜んでしまうと思います(笑)。

講師仲間や職場の雰囲気はどうですか?

とてもいいです!職場に慣れないうちは、先輩が新人に優しく教えてくれます。いつも場を明るく盛り上げてくれて、授業前に講師側のテンションをあげてくれます。人見知りで緊張しやすい私にすぐに気づいてくれて、冗談を交えながらうまくサポートしてくれました。職場に来るのがいつも楽しみです。

講師に興味を持っている方たちにメッセージをお願いいたします。

塾講師は大変なこともありますが、自分を成長させることができ、とてもやりがいのある仕事だと思います。興味のある人は、是非はじめてみてください。