栄光ゼミナールの公式求人サイト 栄光キャンパスネット 講師・教室事務募集中

先輩講師インタビュー

Y.Uさん

担当:英・国・数・社/個別指導

今年3年目のチーフ。毎年、栄光社内で開催される授業の指導力を競う大会「Excellentスタッフグランプリ・フレッシュ部門」で優勝した実績あり。野球と日本史が大好きな大学3年生です。

講師になろうと思ったきっかけは何ですか?

高校時代に大学受験ナビオに通っていて、小学生の時から教師になるのが夢だったので、塾講師として働き経験を積もうと思い始めました。働き始めて視野が広がり、教職はとりますが、教師だけではなく「教育に携わる仕事」という大きな枠で将来の仕事を考えています。

講師をやってよかった!と感じるエピソードを教えてください。

一番嬉しいのは、「テストや模試の結果が良かった!」と生徒自身が報告してくれる時ですね。全ての生徒が同じ方法で成績が伸びるわけではありませんので、一人ひとりに向き合い、彼らにあった勉強を一緒に考え、少しずつ前に進んでいきます。その努力が形として現れた時、真っ先に報告してくれるのですから、講師になって本当によかったと感じます。その先には「入試」が待っています。結果発表の日は、講師はみな教室に集まり、生徒の報告をそわそわしながら待ちます。この瞬間のためにずっと一緒に頑張ってきたので、そこには涙と大きな歓声に包まれたドラマが生まれます。

働き始めて自分が成長したと思うのはどんなところですか?

リーダーシップを学び、以前より周りに目が配れるようになったは、自分の大きな成長ではないかと思います。今年で3年目ですが、1年目はとにかく自分のことに手一杯で教えることに必死でしたに。2年目は1年目を教訓にして、余裕を持って教えられるようになったと思います。単に授業をするだけでなく、生徒それぞれに合わせたカリキュラムを作ったり、どうすれば成績が上がるかを考えたり、試行錯誤をしました。2年目の途中からは、新人講師の指導を任せてもらえるようになりました。高校時代、野球部のキャプテンだったので、仕事の現場でもリーダーシップを学べて嬉しかったです。

応募する前のイメージと実際に働き始めた後で感じた違いはありますか?

勉強を教えるだけではなく、想像以上に生徒の進路について深く関わるので、責任の重い仕事だなと思いました。現在、8名の生徒の個別指導を担当していますが、彼らの夢の手助けをする時間に大きなやりがいを感じています。

講師の仕事の魅力は何ですか?

生徒の力になれることがこの仕事の魅力です。実は、初めて受け持った当時中1だった男子生徒が間もなく推薦入試なのですが、本人以上に僕の方が緊張しています。サッカーと勉強を両立させて頑張って取り組んできた子で、彼とはこの2年半、毎週会っていました。80分授業ですから、年間50週だとして200時間近く一緒に勉強したわけです。講師の仕事は、他の仕事と違って単に自分の時間を提供して給与をいただくだけではありません。時間をかけて生徒の成長を見守りながら、自分自身もまた成長できる仕事なのです。

講師仲間や職場の雰囲気はどうですか?

年齢が近いことや、同じ進路を目指している人も多いということで、とても過ごしやすく、また皆が生徒のことを真剣に考えているので非常に一体感があると思います。

講師に興味を持っている方たちにメッセージをお願いいたします。

生徒の成長をすぐそばで感じることができ、自分自身も大きく成長できます。責任をともなう仕事ですが、その分、本気で向き合うことができれば、これ以上ない経験になると思います。是非、一緒に成長したい方はチャレンジしてみてください。