10.14 塾講師アルバイトの「選び方」の記事を公開しました!

個別指導塾講師バイトの1日の流れとスケジュールをご紹介!

仕事内容

塾講師のアルバイトをしている大学生の一日はどんな流れになっているのでしょうか。また、1週間のスケジュールも気になりますよね。今回は実際に個別指導塾でアルバイト講師をT先生にスケジュールについて教えてもらいました。参考にしてみましょう。

大学生の1日のスケジュールを見てみよう!

T先生は個別指導塾でアルバイトを始めて8ヵ月の英語の先生。

初めてのアルバイトが塾講師とのことで、授業初日はとっても緊張したことを今でも鮮明に覚えていると話していました。

徐々に慣れて、自分のペースで生徒と接するようになったそうです。

T先生の塾講師としての1日
  • 7:00
    起床

    塾講師の日はスーツだから服選びが楽です。

  • 9:00
    大学の講義

    塾の時間までは大学構内のカフェや図書館で過ごします。

  • 18:00
    塾に出勤

    塾に着いたら、今日の担当生徒と実施する授業内容の確認をします。

  • 18:05
    生徒のお迎えタイム

    自分の担当生徒への挨拶はもちろんですが、担当以外の生徒にも元気に挨拶をします。気持ちよく迎えてくれるのって誰でも嬉しいですよね♪

  • 18:10
    [1コマ目(80分)]授業スタート/中1英語・中2国語

    授業開始前は、「最近どう?心配事はある?」という話をします。
    生徒の今の心境や学校での出来事をヒアリングし、気になる部分があれば少し話を聴いてあげることもあります。授業以外でも先輩としてアドバイスできることはするようにしています。

  • 19:30
    生徒のお見送り&次の生徒のお迎えタイム

    生徒を見送っていると、次の生徒たちが元気に入ってきます。夜の時間帯は部活が終わった後の中学生が多いので教室内の雰囲気は賑やか。もう眠そうな子もいるけど、大丈夫かな?

  • 19:40
    [2コマ目(80分)]授業スタート/中1英語・中2英語

    担当生徒同士が仲が良いと、授業中の私語が多くなることもあります。ここはやはり塾講師として「何のため」に塾に来ているのかを話しながら授業に集中するように促しています。

  • 21:00
    生徒のお見送りタイム

    部活や学校の出来事などを話してくれる生徒もいます。たまに迎えに来ている保護者の方と話すことも。
    ※少し深いお話がある場合は社員に対応してもらいます。

  • 21:30
    帰宅

    帰宅途中は気が抜けませんが、自宅に帰れば私も大学生の一人です。大好きな曲を聴きながら、大学から出されている宿題に取り組みます。

個別指導の授業ってどうやって進めてるの?流れを教えて!

個別指導の場合の授業って、実際どんな感じなんだろう?

個別指導の授業の流れって結構気になりますよね。ここはT先生に授業を進める時の流れや注意しているポイントを教えてもらいました。

個別指導のイメージ

Point1:授業は問題を解く量を多くすることが大事

授業の基本的な流れは、[授業]→[例題解説]→[演習]を繰り返し行い、なるべく多くの問題数を解けるようにしています

最後に[宿題]を提示し、[授業報告書]に今日の授業内容等を記載をして授業終了です。

Point2:生徒とのコミュニケーションを取りながら理解度を把握

授業中の生徒とのコミュニケーションはとっても大事です。
本人が理解できたかどうか、どこで見分けるかというと、問題を解く過程や目の動きや表情ですね。
特に、問題を解く手が止まっている時間が長い時は、「今どこで悩んでるの?」という声をかけてあげると、何かしら答えてくれます。
生徒がどう考えて、どこでつまづいているのか、細かく見て気付いてあげられるのは個別指導ならではの授業ですね。

Point3:すぐに答えは教えずに、ヒントを出す

生徒たちには遅かれ早かれ、近い将来「教室や大きな試験会場で一人で問題を解く日」が来ます。

それが定期テストだったり、入試だったり・・・。
生徒本人が自力で解ける経験を積んでもらうためにも、全ての解答を教えるのではなく、少しずつヒントを出してあげるのが良い思います。

「自分は解ける!」という自信を持ってもらえれば、入試本番や試験会場でも自分の力を発揮させることができると思います。

Point4:宿題は生徒本人と一緒に決める

宿題の内容は、生徒自身と話して決めるのが一番です。

やらされている感をなくせますし、本人も自分がやると決めた以上、自分でやらねばという感覚を持てるんです。

簡単な問題だけではなく、ちょっと難しい問題をさりげなく入れることも忘れません。

集団指導塾にはない宿題の出し方だと思います。

教え方についてまとめた記事がありますので、ぜひ参考にしてください。

「授業報告書」って何?授業の中で用意するの?

T先生の一日の流れの中で、ちょっと気になるのは「授業報告書」です。

個別指導塾に通ったことがある方は、アレのことかなと思うかもしれませんね。

塾によってさまざまな書式や報告方法があるので、現物を見せてもらった方が良いでしょう。

内容は主に指導内容と授業の様子や理解度について

基本的に、保護者の方が今の子どもの状況を把握するために提出するものと考えてください。

この報告書が、塾と保護者と生徒をつなぐ一つの架け橋となります。

実際に個別指導学習塾で勤務したことがある方に、内容を教えてもらいました。

私が在籍していた塾で使っていた授業報告書は、主に『授業の単元と内容』・『小テストの結果』・『理解度』・『集中度』・『宿題達成度と次回の宿題内容』を主軸に報告していました。長文で書くよりもそれぞれの項目に対してどのくらいできていたか短くまとめていました。大体2~3行くらいでしたよ。

私の塾では生徒の『集中度』『理解度』『宿題実施度』等の各項目を5段階評価で丸をつけるタイプでした。5行くらいのスペースがあって、そこに今日の授業内容や生徒の様子を文章で書いていました。複写式の用紙で、保護者と塾側、双方の手元に残るようになっていました。ぺりっとはがすのを生徒が毎回やりたがっていたのを思い出します。

私の塾では紙での提出ではなく、タブレットまたはPC入力した内容が保護者のメールとして届くタイプの報告シートがありました。内容は『授業の単元』・『集中力』・『理解度』・『小テストの結果』等について5段階評価で選び、200文字くらいの文章で生徒の状況をまとめていました。文章量が少ないので、工夫しながら文章を作っていました。

塾講師の1週間のスケジュールはどういう感じ?

サークルや自分の趣味の時間も大切にしたいけど、両立できるかな?

塾講師のアルバイトをしている場合、1週間のスケジュールはどんな感じでしょうか。大学の授業はもちろん、サークルや友達と遊ぶ時間もしっかり持ちたいですよね。

テニスサークルに所属する先輩の1週間

月曜日・・・大学&サークル活動の日
火曜日・・・大学&塾講師の日
水曜日・・・大学だけの日 ※午後は自由
木曜日・・・大学&塾講師の日
金曜日・・・大学&サークル活動の日
土曜日・・・休日
日曜日・・・休日・たまにサークルの日

合宿や大会があるからなるべく土日はフリーになるようにしています。塾講師のアルバイトがある曜日は比較的大学の授業も早く終わる日だから、余裕をもって移動することができます。

こちらの先輩は塾講師のバイトは週2日。サークル活動にも力を注ぐため、今のスケジュールにしたようですね。

サークルに参加する際は、活動曜日や時間帯を早めに調べておきましょう。遠征に出かけることが多い場合、勤務日が不規則になってしまうことで塾講師としての勤務が難しい場合もあります。

塾講師の中には、他のアルバイトと掛け持ちしながら働いている人もいます。その分覚えることも増えるけど、自分のやりたいことにチャレンジするのも良い経験です。

他のアルバイトもしている先輩の1週間

月曜日・・・大学&カフェバイト
火曜日・・・大学&カフェバイト
水曜日・・・大学だけの日
木曜日・・・大学&塾講師バイト
金曜日・・・大学&塾講師バイト
土曜日・・・休日
日曜日・・・カフェバイトの日

憧れだったカフェでのバイトもやりたくて、週の前半と後半で分けました。間に中休みを入れて、大学の課題に取り組む日にしたり、友達と遊ぶ日にしています。

今の大学は意外と多く課題を出されるので、休日をあらかじめ用意しておくのもオススメです。

他のアルバイトとダブルブッキングにならないよう、曜日や時間帯を固定にしておくと予定が立てやすくなります。

自分の予定と照らし合わせながらアルバイトの時間を決めるのが一番!これはどの業種でも変わらないんだね。

塾講師バイトは固定されたシフトになることが多い

塾によって異なりますが、多くの個別指導塾では自分の担当する生徒は毎回変わらないように設定されます
毎回同じ生徒を担当することで、先生とのコミュニケーションが円滑になり、生徒に合った伝え方や指導ができるため、成績向上につながりやすくなります
そのため、塾講師の予定と生徒の予定を考慮し、曜日や時間を固定する学習塾が多いのです。
大学生の場合、塾講師のアルバイトと自分の大学の授業と重ならないように勤務希望曜日を出せば大きな問題はありません。
逆に、生徒を固定しない塾では、シフトが柔軟に組めるというメリットもあります。

自分の大学のスケジュールやサークルの予定を考え、塾講師のアルバイトを行う上で無理のないスケジュールで組めるようにするのが一番良いですよ。

塾講師の勤務時間についてまとめた記事がありますので、参考にしてください。

栄光ゼミナールなら勤務時間や曜日も選べる!

首都圏を中心に約570教室を展開している学習塾『栄光ゼミナール』をご存知ですか?
栄光ゼミナールでは、小学生・中学生・高校生を対象に、自分が得意な科目で授業を担当していただきます。
集団指導・個別指導・オンライン指導など、自分に合った指導形態も選べます。

栄光ゼミナールでは勤務する曜日や時間帯を選ぶことができます。
自分の予定に合わせて最適なスケジュールを組んで、無理なくアルバイトをしている仲間がたくさんいます!
塾講師に興味のある方、まずは栄光ゼミナールに応募してみませんか?

塾講師アルバイトなら栄光ゼミナール!