10.14 塾講師アルバイトの「選び方」の記事を公開しました!

【塾講師の仕事内容】教えること以外はどんな仕事をしているの?

塾講師が教える姿 仕事内容

塾講師のアルバイトの「仕事内容」には何が含まれるのでしょうか。教えることが仕事じゃないの?と思う方も、塾に通ったことがあれば塾の先生の姿を思い出してみてください。見送りをしてくれたり、配布物を配ったり・・・細かな場面で子どもたちへのサポートをしていたのではないでしょうか。
塾講師のアルバイト仕事内容は、塾の指導方針や、集団指導・個別指導、それぞれの授業形態によって業務内容が分かれます。今回は、塾講師のアルバイトの仕事内容についてご紹介します!

塾講師のアルバイトの仕事内容

塾講師のアルバイトの仕事内容として一番大きな仕事は「授業を行うこと・勉強を教えること」です。大事な部分ですので少し細かくお伝えしましょう。

教える授業の内容は大きく2パターンに分類される

勤務する塾の指導方針によって、授業内容は少々異なります。塾講師のアルバイトに応募する際、どのような指導方針を展開しているのか事前にホームページなどで確認しておくと良いでしょう。

受験対策を中心に教える授業

受験には様々な種類があり、幼稚園受験・小学校受験・中学受験・高校受験・大学受験まで幅があります。
受験指導を主軸とする学習塾では子どもや保護者が目標としている志望校合格に向けて、豊富な受験情報を基にした授業を実施します。
入試問題の出題傾向を細かく解析し、問題を解く時のテクニックを伝えるのが主なお仕事です。そのため、塾講師のアルバイトの仕事内容として受験に関する情報収集や、各学校のレベルに応じた授業を行える準備が必要となります。

学校の補習や復習・定期テスト対策を教える授業

現在は推薦入試で高校進学・大学進学を決めたいと願う生徒が増えています。しかし、指定校推薦枠には制限があります。
この推薦枠を勝ち取るためには、日々の授業に参加する姿勢や取り組み・定期テストの結果(「調査書」または「内申点」など呼ばれる)が重要になってきます。
基本的には学校の授業が一番大事なので、学校の授業に合わせた教科書準拠の授業を行い、定期テスト直前には集中的に対策をとる授業を実施します。そのため、学校の授業の進み具合を確認しつつ、定期テストで出やすい問題を多く生徒たちに解かせるような授業の準備を行います。

資格取得に向けた内容を教える授業

学校への進学だけが塾講師の仕事ではありません。
各種検定の取得のために、塾でコースを設けている場合もあります。
それは英検や数検、TOEICやTOEFLなどのスコア獲得に向けた対策授業を専門で行う塾講師のことです。時間内により多くの問題を正確に解くためのテクニックを伝えたり、出題傾向を分析しながら生徒の授業を行うのが主な仕事です。

【集団指導塾講師】の仕事内容 (授業担当時)

集団指導塾講師のアルバイトは1クラスに在籍する子どもたちの目標に合わせて、授業を実施します。
生徒の数が多い集団指導塾では、1クラスあたりの人数が塾によって異なります。
10~20人の場合もあれば、3~6名程度の少人数制で行われる塾もあります。

クラス編成は塾の方針によってさまざまですが、大半は学力や志望校別に分けて編成されます。
年間で実施する授業回数・指導内容が決まっていることが多いため、毎回カリキュラムに合わせた授業を行えば良いのが特徴です。

具体的な業務内容として、授業スタート時に出席をとり、宿題の確認や簡単なホームルームを行った後に授業を開始します。
クラスに所属する生徒全員の理解度を把握しながら進めるため、時には指名して解答させたり、机間巡視をしながら生徒の状況を見て回ります。
授業終盤でその日学習した内容のまとめを行い、宿題を提示して授業終了となります。

【個別指導塾講師】の仕事内容 (授業担当時)

個別指導塾講師のアルバイトは1回当たりの授業時間内で指導する生徒の数が異なります。

講師1人が担当する生徒数が1~3名(塾によっては4名の場合も)の場合が多く、同時に教える生徒の学年も異なります。
一人ひとりの個性や目標に合わせて授業を行うことが最大の特徴であるため、決まったカリキュラムがあるのではなく、全てがオーダーメイドです。
また、生徒との距離感が近いことからコミュニケーションを重視した授業になります。

具体的な業務内容として、授業スタート時には宿題の確認をし、解けなかったところや理解できなかった部分はもう一度演習を行いながら次のステップに進めるように授業を行います。
生徒の状況がわかりやすいのも個別指導の特徴で、問題を解く手が止まっている生徒がいた場合はすぐに声をかけて悩んでいるところを解決してあげられるようにヒントを出していきます。
集団指導に比べると生徒の状況に合わせた細やかな対応が必要となります。

塾講師のアルバイトをする時、教える科目は選べるの?

塾講師のアルバイトが教える科目は自分が得意な科目です。
小中学生や高校生の頃に得意だった科目、好きだった科目は比較的教えやすいと思います。
試験に出やすいポイントや、覚えやすい暗記方法、得点につながりやすい解答法など、得意な科目ならではの経験と知識を伝えてほしいと思います。

稀に、苦手だった科目の方が教えやすいという方もいます。
もっとわかりやすく噛み砕いて教えてほしかったという思いが強いため、教える側に立った時は、解けない生徒の気持ちを十分汲み取った授業が展開できるようです。
また塾講師自身、苦手な科目克服までの道のりをリアルに伝え、力強いアドバイスができると思います。

授業以外の仕事内容は?他にどんな内容がある?

塾講師のアルバイトの仕事内容は勉強を教えるだけではありません。塾の一員として、代表的なものを以下にご紹介します。

通塾時のお迎えとお見送り

生徒はこの時間がちょっぴり楽しみだったりします。
学校では会えない友達と会える時間です。いっぱい話したい気持ちはわかりますが、授業前はすみやかに教室に入ってもらい、帰りは寄り道せずに帰路についてほしいのが塾側の願いです。
また保護者の方が一緒にいらっしゃる場合もあるので、塾講師としてきちんとしたご挨拶をしましょう。

授業で教えた内容を報告する書類への記載

ほとんどの学習塾では授業実施報告書に近いものが用意されています。
特に、個別指導の場合は授業毎に保護者に報告書を持たせることをお約束している塾が多く、業務時間内に仕上げることが求められます。
保護者宛に向けた文章を書くのは教育業界のアルバイトならではの仕事です。
はじめのうちは社員や先輩講師にチェックしてもらいましょう。
続けていくうちに、自然と文章力が磨かれますので、社会人になった後も日報作成や日々の報告業務が意外と苦にならなくなります。

塾で実施される模試の試験監督

記述式やマークシートなど、様々な形式で実施される模試は塾ならではのイベントです。
信頼のおける塾講師のアルバイトには教室から依頼されることもあるかもしれません。
試験監督で大事なのは生徒たちに「これが本番だったら」という緊張感を持たせることです。
名前の書き忘れ、解答用紙への転記ミス、マークシートのずれ等、いつか本番を迎える生徒たちに注意すべき点をしっかり覚えてもらえるようにしましょう。
また、試験中は生徒一人ひとりの様子を見て、カンニングを怪しまれてしまうような挙動がみられる場合には注意を促します。

教室の清掃や自転車の整理整頓

塾は清潔感があり、居心地の良い空間を提供することが求められます。
教室内の机や椅子、お手洗いなど、生徒が使用するものは常に清潔な状態を保つため、自分が使った教室の黒板やホワイトボード、机の上などは、次の人がすぐに使えるように清掃をします。
また、駐輪場がある塾では生徒たちが通塾する時間帯に、自転車の整理整頓を行うこともあります。
道路にはみ出してしまったり、周囲の店舗にご迷惑がかからないよう、生徒に声掛けをしながら綺麗に駐輪できるように促します。自分の担当する生徒たちとのコミュニケーションの場として楽しみながら取り組んでみましょう。

新人講師に教え方をレクチャー

経験を重ねた塾講師になると、後輩として入ってきた新人講師の育成やサポート周りを依頼されることがあります。
アルバイトの中でも経験を積み重ねた塾講師は、後輩から見ても憧れの存在となります。
多くの塾では、未経験の新人講師向けに、先輩講師を生徒役に見立てた模擬授業を行います。
授業の流れやコミュニケーションの取り方について、良いところは伸ばせるように、悪いところはどう改善すれば良いかレクチャーします。
生徒の成長も嬉しいのですが、自分が育てた新人講師が成長する姿を見るのも一つのやりがいです。

生徒の悩みを聴いてあげることも・・・

個別指導塾講師のアルバイトの場合、距離感が近いことから生徒の悩みを聞く機会が多いようです。

塾講師のポジションは保護者や友達には相談しにくいことも話しやすいのかもしれません。
友達と喧嘩して学校で話しずらい、文化祭でなかなかクラスがまとまらない、部活の後輩が言うことを聞いてくれない、成績が上がらなくて親に怒られた、など、いろいろな種類の話が出てきます。
そんな時は、一人の先輩としてアドバイスをしてあげましょう。

特に、受験生は不安でいっぱいです。
これまでの自分の経験を話たり、緊張を和らげる対策を教えてあげましょう。

生徒の話を聴いてあげるだけでも本人の中で整理がついて安心する場合もありますよ。

子どもの成長につながる塾講師の仕事

これまで挙げたのはあくまでも一例となります。

自分がアルバイトをしたい塾がどのような授業形態をとり、塾講師の仕事内容にどんなものが含まれるのか気になる場合は応募時に確認をしましょう。
一つひとつ内容を見ていくと、それぞれの仕事すべてが生徒たちの成長につながっています
塾講師のアルバイトの仕事は、これまで経験してきた学校生活や受験に関する知識全てが活かせるものがいっぱいです。


これから塾講師をやってみたいと思う方は、ぜひあなたしかできない授業と生徒へのサポートをしてほしいと思います。

栄光ゼミナールで塾講師のアルバイトをしてみよう!

首都圏を中心に約570教室を展開している学習塾『栄光ゼミナール』をご存知ですか?
栄光ゼミナールでは、小学生・中学生・高校生を対象に、自分が得意な科目で授業を担当していただきます。
個別指導・集団指導・オンライン指導など、自分に合った指導形態を選ぶことができます。

栄光ゼミナールの塾講師アルバイトでは、これまでの経験や受験に関する知識を活かすことができます。

塾講師のアルバイトに興味のある方、まずは栄光ゼミナールに応募してみませんか?

塾講師アルバイトなら栄光ゼミナール!