10.14 塾講師アルバイトの「選び方」の記事を公開しました!

オンライン指導の塾講師バイトってどんな感じ?指導形態もいろいろ!

塾講師

ここ数か月のうちに様々な学習塾で広がったオンライン指導の授業。生徒への授業を行う「オンライン塾講師」は大学生の新たなアルバイトとして人気を伸ばしています。働く場所は教室が多いものの、在宅でアルバイトができる塾もあります。今回はオンライン指導塾講師のアルバイトについて調べてみました!

学習塾で活躍するオンライン指導の塾講師

2020年上旬、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、多くの学習塾では授業のオンライン化が進みました。
生徒の安全を第一に考えながらも、子どもたちの学びを止めないために考えた末に導入されたのが「オンライン授業」です。

これまでも一部の学習塾ではオンライン授業を実施しているところもありましたが、これを機に通常授業と同等のレベルでオンライン授業を取り入れる学習塾が増えています。

それに伴い、「オンライン指導塾講師」のアルバイトをする学生が増えてきました。
学生側も大学の講義もオンライン化されているところが多いため、そこまで抵抗なく、生徒に授業を行うことができるようです。
また、生徒の方でも学校や他の習い事でのオンライン指導を受けていることもあり、画面上での会話にも慣れてきています。

オンライン授業も通常授業と何ら変わらない「授業」であり、生徒にとっては受講する場所が自宅になるだけ、となるのがこれからの新しい学習塾の在り方になるかもしれません。

オンライン授業はどうやってやっているの?初めてでも出来る?

オンライン指導を受ける生徒

塾のオンライン指導のアルバイト募集を見たけど、あんまり馴染みがなくて…そもそも個別とか集団とかあるの?

現在は、個別指導と集団指導のどちらでもオンライン授業は行われています
それぞれの授業の特性等をこちらでご紹介しましょう。

個別指導型のオンライン塾講師

個別指導のオンライン指導のアルバイトってどんな感じだろう?生徒とのコミュニケーション、取りにくくならないの?どういう対策を取っているの?

オンライン個別指導塾講師では、先生一人が担当する生徒数が1人~3人程度で実施されることが多いようです。

基本的に、教室で実施される個別指導では、先生が一人ひとりの生徒の理解度を見ながら授業を行います。
本来の個別指導の授業では、数学の途中計算や英語の文法の使い方が誤っているまま、次々問題を解かせてしまうことのないよう、解いている生徒の手元を見ながら指導をしていました。
しかし、オンライン個別指導の場合は、問題を解いている生徒の手元が見ずらいことがあり、生徒が間違って解いていることに気づけない可能性が高くなります。
そのため、講師側は生徒の状況把握に向けた声掛けを頻度高めに行っています。

例えば、通常の個別指導であれば、4~5問一気に解いてもらったものを、オンラインでは1~2問ずつ答え合わせをして理解度を確認したり、手が止まっている生徒にはすぐに声をかけて今の状況を教えてもらったりします。
そのほうが、生徒が本当に理解できているかどうか確認しやすいのです。
生徒側も、オンライン上であれば周りに友達がいないから、恥ずかしがらずに分からないところ聞けるという意見もあります。
学校の授業より、「先生に見てもらえている感」があるのは間違いありません。

もしかしたら、オンライン指導の方がより個別らしい授業ができているのかもしれませんね。

対面で行う個別指導に関してまとめた記事もありますので、ぜひ参考にしてみてください。

集団指導型のオンライン塾講師

塾の集団って、先生はどうやって生徒の理解度を把握してるの?

基本的には、先生はいつも通り黒板やホワイトボードの前に立ちます。

黒板やホワイトボードが見えるようにカメラを設定し、生徒たちはそのカメラを通して映し出されている黒板を見ながら授業を受けます。

ちょっと距離感がありそうなイメージもあるのですが、「●●君、この答えはわかるかな?」とか「●●さん、ここには何が入る?」というような会話は、オンライン指導上でもできるので普段と変わりはありません。

生徒が教室にいなくても、画面を通じて先生から指名したり、それに生徒が答えるというやりとりが成立するため、オンライン授業でも集団指導は可能となります。

たまに、「双方向」とか「対話型」とか聞くけど、何が違うの?生徒の人数とか、どうなっているんだろう?

「双方向型オンライン指導」や「対話型のオンライン授業」というのは、先生が一方的に話すのではなく、先生からも生徒に問いかけをし、生徒もそれに応えるというやり取りができる状態のことです。
表現は違いますが、同じ形式と捉えてもらえれば問題ありません。
やはり生徒とのコミュケーションがないと良い授業は成立しません。

塾によって異なるのは、指導する生徒の人数です。
1クラスあたりの人数構成は、塾によってバラバラです。
3~10名のグループ授業を展開するところもあれば、20~30名の生徒を対象に行う塾もあります。
一人ひとりの理解度を見ながら授業を行いたい場合は少人数制がおすすめです。

集団指導に関する情報をまとめた記事がありますので、こちらも参考にしてください。

オンライン専門の指導センター

首都圏を中心に展開する栄光ゼミナールの高校生専門ブランド『大学受験ナビオ』では、オンライン指導専門の指導センターを高田馬場駅近くに開設しています。教える生徒は首都圏にある大学受験ナビオに所属する生徒たちです。先生自身は教室に来ていただき、教室と生徒の自宅をつないで授業を行っていただきます。
興味がある方はぜひご応募ください♪
>>『大学受験ナビオ オンライン指導センター(高田馬場)』の求人情報はこちら

アルバイトするなら対面とオンライン塾講師をするならどっちがいい?

教える側の観点から見ていくと、そこまで大きな差はありません。
実際、生徒側の意見を聞いても、ネット環境の不具合による時間のロスや声が聴きとりづらいというシステムに対する意見はあるものの、授業内容そのものに対してはそこまで差を感じずに受講しているようです。
もちろん生徒側と講師の相性もありますが、今は講師自身がオンラインで教える経験積み、操作に慣れてきているため、対面と変わらず精度の高い授業が行えます
しかし、生徒のことをより細かく観察したり、ちょっと発した声を聞き逃さないように意識をする必要はあります。
「あの子何か言いたそうだな」「問題もう解けたのかな」など、本来であれば目視で分かる情報を自分から探す必要があるので、講師側が生徒に寄り添った対応ができるのがベストです。

生徒側も自分がどのタイミングで発言してよいか悩んでしまいがちなので、「ここまでで大丈夫?」「今の説明で分からないところはない?」そんなやり取りを入れてあげれば生徒も安心して質問してくれるようになります。

アルバイトでオンライン指導の塾講師をする時の注意点

オンライン指導やってみたいかも。
操作方法とか、そもそもの指導方法は教えてくれるのかな。

塾によって導入しているシステムが異なるので、アルバイトとして勤務する際は必ず操作方法に関する研修が行われます。

授業時に使用するタブレットの操作やシステム内で使用するツールについては、実際に実機を使いながら研修を行うことが多いようです。そもそも、研修まで全てオンライン上で行われる場合もあります。
また、指導方法も直接対面で指導するよりはより細やかな配慮が必要になりますので、声掛けのタイミングや質問の仕方等、実際の授業を見学しながら学ぶこととなります。
特に、タブレットの操作については、分からないところがあればきちんと確認をしましょう。

塾によって異なりますが、講師自身が教室に行く場合(通勤型)と、自宅から直接生徒とつなぐ場合(在宅型)の2パターンがあります。
現状、セキュリティや個人情報等の観点から、講師自身は教室に行き、教室と生徒の自宅をつなげる通勤型が多いようです。
オンライン指導塾講師のアルバイトを行う上で知っておいた方が良い、この2タイプの違いについて、ご紹介しましょう。

教室にいる講師と生徒の自宅つなぐオンライン指導

多くの学習塾ではこのタイプでの指導が多く行われています。
アルバイト講師は教室に勤務し、塾の回線を使用して生徒の自宅と教室をつなぎ、オンライン指導を行います。

塾側も授業をしている講師たちの様子を見たり、受講している生徒の表情を見ることができるため、安心して授業を行うことができるようです。
教室内で指導する場合は、周囲でも同様にオンライン指導を行っていることがあります。
自分の声の大きさを調整したり、周囲の音で生徒の声が聞き取れない場合もあるので、講師同士の気遣いが必要となります。

しかし、周囲に教室長や先輩講師がいるので、何かあった時や困ってしまった場合、すぐに質問や対策を取ることができるのが最大のメリットとなります。

講師の自宅と生徒の自宅をつなぐオンライン指導(在宅勤務)

家庭教師事業を展開する企業や一部の学習塾では、在宅の講師と生徒の自宅をつないでオンライン指導を行っているところもあります。

在宅バイトではアルバイト講師自身が移動することが無く、通勤に対する負担が軽いのが大きなメリットです。
また、教室と異なり、周囲に人がいない環境で授業を行うことができるため、指導することにより専念できます。
実家や同居人がいる場合は、音をなるべく立てないようにするなど、周囲の協力を得る必要があります。

気になる点として、ネット回線や通信費に関してどの程度会社が負担してくれるかは企業によって異なります。
使用するタブレット等も私物になる場合もあります。
初めて使うシステムを導入している場合や、万が一のトラブル発生時の対処方なども確認をしておきましょう。

今の時期だからこそ重要な存在となるオンライン指導塾講師

私でもオンライン指導塾講師になれるかな?

タブレット操作やシステムに慣れれば大丈夫!
しっかり研修を受ければ、オンライン指導が初めての方でも十分活躍できます。

現段階ではまだ感染症に対する不安はぬぐい切れない状態であり、オンラインでの指導を希望する保護者の方は多くいらっしゃいます。
生徒自身も通塾する時間とリスクを考えて、自宅で受講できる方が安心と思う子が多いようです。
そんな中、オンライン指導を展開できる学習塾で活躍している講師たちは非常に心強い存在となります。
特に、タブレットを用いた授業については、大学生など若い世代の方が使い慣れているため、すぐにシステムの使い方をマスターすることができます。
周囲にはまだ始めたばかりという方が多い「オンライン指導塾講師」。
もし、塾講師をやってみたいと思うのであれば、今だからこそできるオンライン指導塾講師になってみませんか

栄光ゼミナールではオンライン指導専門の塾講師も募集中!

首都圏を中心に約570教室を展開している学習塾『栄光ゼミナール』をご存知ですか?
栄光ゼミナールでは、小学生・中学生・高校生を対象に、自分が得意な科目で授業を担当していただきます。
オンライン指導の他、個別指導・集団指導など、自分に合った指導形態も選べます。

栄光ゼミナールは「オンライン指導センター」を高田馬場駅近くに開設しました。
教える生徒は全国の栄光ゼミナールに通う現役の高校生が対象です。
オンライン指導塾講師に興味のある方、まずは栄光ゼミナールのオンライン指導センターに応募してみませんか?

塾講師アルバイトなら栄光ゼミナール!